やわたのルテインサプリ・めばえの評判と成分全てに共通の効果とは

テレビ通販でも評判のやわた物産。そこが最近出したルテインサプリについて、その成分や効果についてできる限り詳細に調べてみました。そこには、なるほど!というべき共通点があるようですよ。

日帰り手術がほとんど。白内障の治療方法(手術)の今

白内障の人を見て、驚きだったのは、その治療の早さです。

 

超音波メスというものを使って、濁ってしまった水晶体を
砕きながら取り除き、その代わりにプラスチック製の「眼内レンズ」
をはめ込むという手術をするのですが・・・

 

私の職場の人は、たった1日会社を休んだだけで、次の日からは
目に包帯をすることもなく普通に出勤してきたのです。

 

最近の白内障手術は技術がかなり進化したようですね。

 

例えば、目にメスを入れると、眼球中の房水が出てしまい、
眼球の丸みが保てなくなり、手術が難しくなります。

 

しかし、液化ヒアルロン酸というものが手術に導入され、
それを目に注入することで眼球の丸みを保ったまま手術が
できるようになりました。

 

私の職場の人も、手術前に入院とか、そういうこともする必要なく、
予約を入れておいた日の当日に眼科に行き、手術を受けて帰ってきた
といいます。

 

術後、目が腫れるわけでもなく、何日か見えないということも
ありません。その日から普通に歩いているのです。
会社を何日も休む必要がなくなったことはメリットだと感じます。

白内障(白そこひ)って、どんな病気?症状、原因、進行速度は?

放っておくと失明にも至る場合もある白内障という目の病気、
いったいどんな病気?

私の職場でも白内障になって最近手術を受けた人がいます。
症状や原因、できればなりたくないのでその予防方法などを
調べてみることにしました。

◆ 水晶体が濁る病気

白内障は目のレンズの役割をする水晶体という部分に
濁りができる病気です。

なぜ濁りができてしまうのか?
じつはその原因はわかっていません。

要因として挙げられるのが「加齢」。
その他に糖尿病や他のいろいろな眼病につづいて発生する
ということがあります。

また、例としては数が少ないのですが、アトピー性皮膚炎が
きっかけでなる白内障もあるのだそうです。

白内障(白そこひ)、どんな症状?

白内障のことを「白そこひ」ということがあるのですが、
「そこひ」って何?

そこも軽く調べてみたのですが、「そこひ」とは、古い日本語で、
視力障碍をきたすガン疾患のことを指すそうです。
これはウィキペディアにのっていました。

「白そこひ」が白内障、「青そこひ」が緑内障、そして、
「黒そこひ」というのもあって、「黒そこひ」は瞳孔の色が黒いまま
視力障害をきたす疾患のことを指すのだそうです。

さて、「そこひ」についてはそれくらいにしておいて、
白内障の症状って具体的にどんな症状なのか?

私の職場の人は、「まぶしい」って言っていましたね。

水晶体(レンズ)が白く濁るので、症状としては、

・視力の低下
・明るいところへ出るとさらにいっそう見えにくい
・特に明るいというわけでなくても「まぶしく」感じる

 などの症状があります。

その進行速度は10年以上かけてじわりと進む人もいれば、
2,3年という比較的短期で進行する場合もあり、人それぞれです。

「まぶしい」と感じるその理由を調べてみると、
水晶体に入ってくる光が濁りの部分で乱反射することが
原因なのだそうです。